2007年10月01日

透明カエルをつくった広大

透明カエルをつくった広大

カエルの内臓が透けてみえるんだって。
そんなカエルを広島大学がつくるのに成功した。
劣勢遺伝子同士のかけあわせでできた。
だから、自然界では存在は不可能らしい。

中がすけて見えたら気持ち悪いと思ったが、
実験用には、解剖せずに、ずっと観察できるから
よいらしい。へえ、そんなもんんなんだ。

それに、動物愛護の運動から、
理科の授業の解剖などが
シミレーションに変わっているのだって。
それも知らなかった。

劣勢遺伝子同士のかけあわせだから、
何か問題はあるのかもしれないそうだけど、
それはまだわかっていない。




posted by bossmick at 01:49 | ニュース
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。