2007年06月15日

フリーダ・カーロ生誕100周年、史上最大規模の作品展始まる

フリーダ・カーロ生誕100周年、史上最大規模の作品展始まる

2007年6月12日から8日間にわたり、メキシコシティ市内ので開かれている。
フリーダ・カーロ(メキシコを代表する画家Frida Khalo、1907-1954)
の生誕100年を記念する展覧会が13日、メキシコシティ市内のMuseum で始まった。

フリーダ・カーロは意欲的に創作活動を行い、独自のスタイルをもつカーロはのちにフランスのシュルレアリストたちに高く評価された。彫刻家のイサム・ノグチやロシアの革命家レフ・トロツキーなどと恋愛をしていた、自由奔放なラテンアメリカの女性のひとつの理想像ともされていて、人気が高い。


posted by bossmick at 01:04 | 芸術
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。